FC2ブログ

写研ブログ/神戸大学天文研究会

神戸大学天文研究会の写研班の活動などのまとめブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10月総写

10月12日に観測に行ってきました。天気は夜明け前少し雲が出ましたが、
基本的に快晴でした!ただ…風が寒い!
かなり着こんでちょうどよいくらいの寒さでした。
そっれと流星群が近いから流れ星が中々にありました。
まずはそろそろ見づらくなってきた夏の大三角です。
10がつそうしゃ1
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye
F値3.5 露出時間41秒  ISO1600 焦点距離10mm 固定撮影

この日は空がすんでいてとても星がよく見えてました!
そろそろ秋や冬の星座がそらの主役になってきましたね!

さて今回はちょうどよい感じの写真がありますので
合成とかホワイトバランスの話をしてみようと思います。
まずは下の固定撮影で撮った写真を見てください。

10月そうしゃ2
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye
F値3.5 露出時間181秒 ISO1600 焦点距離10mm 固定撮影

みなさんも知っているように星は動いています(地球がですが)。
なので上の写真のように固定撮影で長めの撮影時間で撮ると星が線のように写っています。
(あ、真ん中の動いていない星が北極星です。)
撮影時間を長くすればするほど星の線の長さは増えます。
しかしその分どんどん写真全体が明るくなっていったりノイズが目立つようになったりしてしまいます。
そういった問題を軽減するための方法としては感度を下げたり比較明合成などがあげられます。
今回はこの比較明合成というやつを軽く説明をします。
三脚などでカメラを固定し動かないようにした後、
同じ設定、同じ撮影時間で何枚も同じ写真をとります。
これらを合成することで下の写真のように星の線の長さをより長くすることができます。
下のは二枚合成です。

10月そうしゃ3
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye
F値3.5 露出時間361(181+180)秒 ISO1600 焦点距離10mm 固定撮影

下のは四枚です。

10月そうしゃ4
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye
F値3.5 露出時間721(181+180+180+180)秒 ISO1600 焦点距離10mm 固定撮影

ダーク処理やらなんやら他にも説明するべきことはありますが
うまく短く説明できないので省きます…。
合成するためのソフトとしてはフリーだとGIMPやsirius compなどがやりやすいです。
ほかにもいろいろありますしフォトショップとかでもできるはずです。

逆にガイド撮影では赤道儀が星を追っかけうように動くため、
長い撮影時間でも星が線のように写りません。(逆に地面など風景がぶれることに)

10月そうしゃ5
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye
F値3.5 露出時間193秒 ISO800 焦点距離10mm ガイド撮影

したの天の川の写真は一見まるで違う写真のように見えますが、
感度や撮影時間はそこまで違いがあるわけではありません。
これはホワイトバランスを変えているためです。(上がオート下が白色蛍光灯)
ホワイトバランスというのはカメラの設定の一つで撮った写真の色などの補正をします。
正直好みの問題です。詳しいことはまた今度。

10月そうしゃ6
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye
F値3.5 露出時間182秒 ISO800 焦点距離10mm ガイド撮影

なおこの二枚は同じ構図の写真ですので合成するとより天の川のもやなどがはっきりします。

10月そうしゃ7
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye
F値3.5 露出時間(193+182)秒 ISO800 焦点距離10mm ガイド撮影

まあめんどくさい話はこれくらいにして写真の紹介をしていきます。
したのはもはや定番中の定番オリオン大星雲です。
本当に見つけやすいので望遠鏡に全然慣れてない人も是非!

10月そうしゃ
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4 露出時間120秒 
直焦点撮影 望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-800

こちらも定番アンドロメダ銀河です!
そろそろ早い時間を逃すと首が痛い位置にいるようになりましたね。

10月そうしゃ9
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4 露出時間120秒 
直焦点撮影 望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-1600


こちらはさんかく座とアンドロメダ座の間ににあるM33です。中々星雲っぽいかんじです。
10月そうしゃ10
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4 露出時間146秒 
直焦点撮影 望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-1600

お次はいっかくじゅう座らへんにある薔薇星雲です。これは…流星?

ばらせいうん4
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4(改造) 露出時間364(124+120+120)秒 
直焦点撮影 望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-1600

こちらはペルセウス座にあるカリフォルニア星雲です。まだ編集途中ですが…。

かりふぉるにあ3
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4(改造) 露出時間270(90+90+90)秒 
直焦点撮影 望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-1600

3時も過ぎたころ月があがってきました中々きれいでした!

10月そうしゃ11
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4(改造) 露出時間1/20秒 
直焦点撮影 望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-100

私が観測に参加できるのももう少し…残りも晴れますように…。
10月そうしゃ13
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye
F値3.5 露出時間29秒 ISO1600 焦点距離10mm 固定撮影





スポンサーサイト
  1. 2012/10/18(木) 00:24:43|
  2. 観測
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10月流星観測 | ホーム | カメラの使い方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tutikire61.blog.fc2.com/tb.php/26-ec6242d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tutikire

Author:tutikire
神戸大学天文研究会の写研班の
活動ブログです。よろしければ
神戸大学天文研究会HPもどうぞ。
たまには星空をながめてみませんか?
なお更新の予定はないです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
天体写真の撮り方について (4)
観測 (9)
下見 (1)
行事 (7)
五月総写 (3)
写研班でいる知識 (0)
写研班で使うものの説明 (2)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。