写研ブログ/神戸大学天文研究会

神戸大学天文研究会の写研班の活動などのまとめブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

9月写研ゲリラ

9月の24日に有志を募って観測に行ってきました。
星空指数は神戸が80北部が0というあまりよろしくない予報でしたが
行ってみると風が超冷たい!しかも強い!感じ的には合宿最後の観測よりも
風が冷たく、強くなった感じでした。一時ごろや撤収するころには
全天曇ったり…。
9月写研ゲリラ1
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X5
F値3.5 露出時間23秒  ISO3200 焦点距離18mm 固定撮影

天の川とはくちょう座を撮りたかった人がいましたが、結局晴れることはなく…。
9月写研ゲリラ2
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye
F値4.5 露出時間10秒  ISO3200 焦点距離17mm 固定撮影

比較的、東側や北側が晴れやすかった感じでした。
9月写研ゲリラ
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye
F値4 露出時間120秒  ISO800 焦点距離14mm ガイド撮影

そんなベストではないコンディションでしたがみんな寒い中頑張っていろんな
写真を撮りました!こちらはカシオペア座とペルセウス座の間にある、
二重星団と呼ばれる、NGC884とNGC869(エイチカイ)です。
ファインダー越しでもきれいに見えるのでお勧めです!
9月写研ゲリラ3
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4(改造) 露出時間60秒 
直焦点撮影 望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-3200

したのはどちらもオリオン大星雲ですが改造カメラか普通のカメラかの違いがあります。
まずは普通のカメラです。
9月写研ゲリラ5
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4 露出時間151秒 
直焦点撮影 望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-800

そしてこちらは改造のほうです。
9月写研ゲリラ4
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4(改造) 露出時間81秒 
直焦点撮影 望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-1600

正直どちらがよいかは個人の好みですね~。
目では見えない赤い星雲を撮るなら改造のほうが写りやすいわけですが。
合宿で薔薇星雲を撮りましたが、今度は100mmレンズで薔薇星雲を撮ってみました。
9月写研ゲリラ6
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4(改造) レンズ:canon マクロレンズ100mm
F値2.8 露出時間96秒  ISO1600 焦点距離100mm ガイド撮影

あまりうまくは撮れませんでしたが、望遠鏡より広い範囲を撮れるので見つけやすさは段違いでした。
こちらはオリオン座の三ツ星周辺でオリオン大星雲や八つ裂き、バーナードループがちょろっと
写ってます。
9月写研ゲリラ7

こちらはアンドロメダです。こういうのはやはり望遠鏡ですねー。
9月写研ゲリラ8
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4(改造) レンズ:canon マクロレンズ100mm
F値2.8 露出時間80秒  ISO1600 焦点距離100mm ガイド撮影

もう少し編集やカメラの設定を考える必要がありますね…。
帰り道町に霧が出ててきれいでしたので撮っときました。
今度こそは満天の星々を…。
9月写研ゲリラ10


スポンサーサイト
  1. 2012/09/29(土) 19:31:50|
  2. 観測
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏合宿4日目+最終日

夏合宿4日目と最終日は、最終日が正直荷作りと集合写真くらいしかやったことないのでまとめて書きます。
個人的にこの日の昼間何していたか記憶がないのですっ飛ばして夜の花火あたりから始めます。
なにか写真があれば教えてください!
というわけで4日目の夜は観測前に花火をしました!花火に興じる部員達です。
大江山39

背後の人の顔の色が…。
大江山40

円になって!
大江山41

設置式のー。
大江山42

影でも案外誰が誰かわかるものです。特に髪型が特徴的だと!
大江山43

やはりしめは線香花火でしんみりと。と思ったけどこれ線香花火…?
大江山44

さあ最後の観測です!肝心の空は…
恐ろしく風が強く晴れ間が見えたと思ったらあっという間に曇ったり…。
なので長時間の撮影時間ができず必然と高感度で撮る羽目に…。

晴れている時!
大江山45
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye
F値5 露出時間129秒  ISO1600 焦点距離11mm ガイド撮影

五分後の空…。
大江山46
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye
F値5 露出時間60秒  ISO1600 焦点距離11mm ガイド撮影

直焦点撮影の写真を先に載せていきます。
雲に襲われつつも頑張って撮影してくれたアンドロメダ星雲です!
大江山47
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4(改造) 露出時間121秒 
直焦点撮影 望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-1600

こちらはオリオン大星雲。安定です。
大江山49
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4(改造) 露出時間61秒 
直焦点撮影 望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-3200

こちらもオリオン座にあり見つけやすい八つ裂き星雲と馬頭星雲です。何やら流星のようなものが!
大江山50
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4(改造) 露出時間61秒 
直焦点撮影 望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-3200

ところがこの後すぐにもう一枚撮られたものにも同じ軌道の線が…。
大江山51
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4(改造) 露出時間80秒 
直焦点撮影 望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-6400

合成してみました。どう見ても飛行機です本当にありがとうございました…。
大江山52

ここからはガイド撮影、固定撮影となります。
こちらの空は今までの写真よりも青めに写っています。これはホワイトバランスというのものをかえているからです。青い方が好きな人は白熱電球などに変えてみると結構変わります
大江山48
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye
F値5.6 露出時間100秒  ISO1600 焦点距離10mm ガイド撮影

途中二時周辺では全天曇ってしまい固定撮影で遊んでました。
大江山53
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye
F値5.6 露出時間60秒  ISO1600 焦点距離10mm 固定撮影

この後晴れていきました!冬のダイヤモンド!
大江山54
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye
F値5.6 露出時間86秒  ISO1600 焦点距離10mm ガイド撮影

飛行機の軌跡。こうして見るとこれはこれでとなるから不思議…。
大江山55
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye
F値5.6 露出時間62秒  ISO1600 焦点距離10mm ガイド撮影

そしてこれが本物の流星!魚眼とはいえ写るのはレア!木星、金星、スバル、ぎょしゃ座、
オリオン座、ふたご座、そして冬のダイヤモンドと賑やかな構図に流星とものすごく素晴らしいです!
大江山56
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye
F値5.6 露出時間63秒  ISO1600 焦点距離10mm ガイド撮影

こちらは固定カメラで北極星周りを撮ってもらったものです。やはり一枚はこういう写真もほしいところ!
大江山57
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 
F値5.6 露出時間62秒  ISO1600 焦点距離18mm +露出時間483 感度800 固定撮影

そして夜明け前にはまたFCを記念撮影。明るいのは金星です。
大江山59
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 
F値5.6 露出時間30秒  ISO800 焦点距離18mm 固定撮影

そして最終日は出発前にみんなで記念撮影!いない人もいるけど…。
大江山60
なんだかって言ってもみんなといるのは楽しい!そして新たな発見を多くできた、そんな合宿でした。
  1. 2012/09/27(木) 02:09:29|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏合宿3日目

夏合宿三日目!太陽班の勉強会があったり好コンディションで観測ができたりとなかなか密度の濃い一日でした。
観測終わりの朝、何人かで日の出と雲海を見に行きました。
大江山20

あんまり雲海はわかりませんでしたが雲の切れ間からの日の光(天使の階段?)がきれいでした!
大江山21

名も知らぬ花。なんかきれいでしたので…。
大江山22

また、昼間にも何人かで山に行ったようです。晴れてる景色もよいですね。
大江山23

こんな道を歩いたらとても気持ちよさそうです!
大江山24

夕食を食べた後には太陽班班長による勉強会がありました。二次試験のようなとても手の込んだ資料でした。
勉強会風景です!
大江山25

観測はしばらく雨が降っていたので開始時刻は予定は遅れましたが、そのかわり雨上がりの澄んだ夜空でした!
この日はいつもの過疎っぷりが嘘のようにえらく写研班に人が来てくれました!その分あまり一人一人に教えることができず特にガイド撮影と固定撮影はまかせっきりにしてしまったかもしれないです…。
大江山26
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye
F値5.6 露出時間90秒  ISO1600 焦点距離10mm ガイド撮影

天の川はいつでも素敵です。ちょっと300秒と長めの撮影時間のため風景がぶれてますが良い感じです。
大江山27
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye
F値5.6 露出時間300秒  ISO800 焦点距離10mm ガイド撮影

雨上がりの舗装された駐車場での観測のため水たまりがあり、中々いつもと違う、合宿ならではの写真が!
大江山28
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss F レンズ:SAMYANG 8mm Fisheye lens
F値3.5? 露出時間150秒  ISO1600 焦点距離8mm 固定撮影

このカメラとレンズは合宿にこれなかった部員が提供してくれたもので写真は後輩が撮ってくれたものです!
大江山29
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss F レンズ:SAMYANG 8mm Fisheye lens
F値3.5? 露出時間150秒  ISO1600 焦点距離8mm 固定撮影

こちらはオリオン座と木星を見事に写真におさめています。
オリオン座は広域にしろ、ズームで撮るにしても見栄えが良くてきれいですね。
大江山30
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
F値5.6 露出時間30秒  ISO1600 焦点距離28mm ガイド撮影

こちらは望遠鏡で撮影したスバルです。見つけやすくてきれいに写る素敵なメシエです。
大江山31
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4(改造) 露出時間73秒  直焦点撮影 
望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-1600

こちらはTHE・銀河の呼び名も高いアンドロメダ座です。今の季節だと深夜を過ぎる前か3時ごろが高さ的にちょうどよいかも。ちょいと編集しています。ノイズが目立ちますね…。
やはり感度は800以下のほうがよいのでしょうか?もっと編集できるようにならないと…。
大江山32
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4(改造) 露出時間424(91+121+91+121)秒 
直焦点撮影 望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-1600
比較:編集前
hikaku
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4(改造) 露出時間121秒 
直焦点撮影 望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-1600

こちらも非常に見つけやすいメシエ、オリオン大星雲です。定番です!
大江山33
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4(改造) 露出時間240(120+120)秒 
直焦点撮影 望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-1600

こちらはオリオン座のベテルギウスとこいぬ座のプロキオンとの間らへんにある薔薇星雲です。
望遠鏡だととても暗い星座のいっかくじゅう座をたどったりしないと見つからず、中々探すのが大変ですが、
月惑班班長は一発でいれていました。流石です!編集を一応しましたがノイズが…。
大江山34
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4(改造) 露出時間417(138+149+130)秒 
直焦点撮影 望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-1600
編集前
比較1
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4(改造) 露出時間138秒 
直焦点撮影 望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-1600

一風変わって夜空の下の記念撮影です。斜めってますね(笑)。
大江山35
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye
F値5 露出時間30秒  ISO1600 焦点距離10mm 固定撮影

こっちは写研班の望遠鏡、通称FCの記念撮影です!
大江山36
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye
F値5 露出時間15秒  ISO1600 焦点距離10mm 固定撮影
オリオン座が入っていなかったのでいれてみました。
大江山37
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye
F値5.6 露出時間20秒  ISO1600 焦点距離10mm 固定撮影

夜明け前後輩たちが何やら水たまりの前で記念撮影?をやってました。仲が良さそうでなによりです!
大江山38
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye
F値5.6 露出時間6秒  ISO1600 焦点距離10mm 固定撮影
月一回の観測でもこれくらい人が来てくれたらなーとか思ったりなんかしたりして…。
  1. 2012/09/26(水) 00:31:29|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏合宿二日目

二日目は雨が夜降っていたので星の写真はありません。昼間は何人かでテニスコートを借り、
テニスをしました。正直これだけだとテニサーみたいです。
大江山6
こんな感じのテニスコートでした。以下テニスに励む部員達です。

大江山7

大江山8

大江山9

大江山10

大江山11

大江山12

大江山17

大江山13

大江山14

大江山15
下のが個人的ベストショットです。
大江山16

大江山18

大江山19
ナニコレカッコイイ!個人的には下から三番目が一番良いと思いましたが皆さんはどれがよかったでしょうか!
…あれ、テニサーだっけ?
  1. 2012/09/22(土) 00:20:13|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏合宿大江山一日目

9月13~17日まで夏合宿として京都の大江山まで行ってきました!参加人数は40人を超える大所帯に!
こちらが宿泊施設はこちらの大江山の家グリーンロッジで去年も春合宿でお世話になった場所でした。
大江山1
この宿から車で少し行ったところにある下のグラウンドが観測場所として使われました!
(雨が降った後は近くの駐車場でした)
初日の昼はグラウンドでサッカーをしていたようです。残念ながら参加していないので写真はありません…。
大江山2
とりあえずいろいろすっとばして観測です!
一日目の天気は最初のほうは晴れていました!こちらは極軸合わせをしてくれた二回生が撮ってくれたものです。
大江山3
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye F値5.6 露出時間85秒
ISO1600 焦点距離10mm ガイド撮影 
さりげなく望遠鏡が写っているのが素敵です。下のは東側を撮ったものです!拡大するとわかりますが
アンドロメダ星雲が写っています!
大江山4
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye F値3.5 露出時間178秒
ISO800 焦点距離10mm ガイド撮影 
拡大してみました。
大江山4拡大
余談ですが、最初の天の川の写真の感度(光をどれだけ吸収するかの度合いで高いほどたくさん光を吸収するがノイズも増える。)は1600で露出時間(長いほど明るく写る)は85秒で、二つ目の天の川は感度800で178秒、つまり大体同じ明るさの写真ができるはずですが実際は最初の写真が暗く、そして二枚目の写真が明るくなっています。
これは撮影情報をみればわかりますがF値が違うためです。このF値は顕微鏡でいうところの絞り板のようなもので
これの値が低ければ低いほど光をたくさん吸収します。なので暗い星の写真を撮るときはこのF値を低くしてたくさんの光を吸収するようにします。
この日は深夜を過ぎるころには雲が目立つようになり望遠鏡の方のセッティングが終わるころには一面雲まみれに…。せっかく一生懸命準備をしてくれた後輩のは申し訳ないことをしました…。
望遠鏡で撮れたのは下のM45(スバル)のみです…。
大江山5
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4(改造) 露出時間178秒  ISO1600 直焦点撮影
  1. 2012/09/21(金) 23:48:51|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

星まつり

9月1日に麻耶山掬星台にて星まつりというイベントがありました。このイベントでは小学生などの参加者と一緒にビンゴゲームや○×クイズ、そして観測会などを行いました!
あいにく天気は不安定でケーブルカーが雷で止まってしまうなどのハプニングがありましたが、星まつりが開始するころには晴れ間が見えるくらいに回復しました!
星まつり1
掬星台は眼下に神戸の街並みが見え、夜景もそうですが昼間の空も素敵です。
星まつり7
星まつり8
天気は万全とはいえませんでしたが応募者のうち6割強の方が来てくださいました。
星まつり2
そしてなんとワケトン達も星まつりに参加してもらいました!
星まつり3
まずは○×ゲーム!正解者には特製ラミネートカードが!500枚以上用意しましたがあっという間になくなりました。
星まつり4
次は配布した星座早見盤の組み立て方の説明をしました。本当に使えるので是非実際の夜空でも試してほしいです。
星まつり5
お次はビンゴゲーム!ビンゴになった子にはいろいろな天体に関する景品が!
星まつり6
次は新入生たちが今まで一生懸命練習してきた神話劇!内容はギリシャ神話のヘラクレスの冒険劇でした。
星まつり9
神話劇にもワケトン達が…!
星まつり10
ワケトン…こわい…。
星まつり11
新入生のみなさん、ワケトン!お疲れさまでした!
hosimaturi
そうこうしているうちに日が暮れて、観望会となりましたが雲が空を覆い月すら見えなく…。
それでも雲の切れ間を狙って撮影した月です!ちょっと拡大しています。
星まつり月
他にも土星などを雲の切れ間から観測していたようです。
その後は、天気は下り坂に…。雨が降り始めたので急いで撤収しましたがその後どんどん晴れていきました…。
それでもイベントはどれもスムーズに進行していましたので成功と言えるでしょう!
灘区役所の方や星空公団の方、舞台の設営などに携わっていただいた皆様にはとても感謝しています!
  1. 2012/09/20(木) 17:17:42|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

tutikire

Author:tutikire
神戸大学天文研究会の写研班の
活動ブログです。よろしければ
神戸大学天文研究会HPもどうぞ。
たまには星空をながめてみませんか?
なお更新の予定はないです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
天体写真の撮り方について (4)
観測 (9)
下見 (1)
行事 (7)
五月総写 (3)
写研班でいる知識 (0)
写研班で使うものの説明 (2)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。