写研ブログ/神戸大学天文研究会

神戸大学天文研究会の写研班の活動などのまとめブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6月ゲリラ(?)総写

6月22日金曜日には久しぶりの観測に行ってきました!この週は台風がきたりと悪天候が続いていたので
中止となっていましたが、当日になると晴れていたので急きょ観測に行くことになりました!
そのためなのかなんなのか参加した新入生が神大生よりも他大が圧倒的に多い観測になりました。
天気としては最初のほうは晴れてましたが、後半は南側からもやが雲がかかっていき最終的には夏の大三角が
見えるだけに…。それでも新入生が望遠鏡に触れる機会がもてたというのは大きいですし車から出た時の
感動を共有できていたらうれしいです。
まずは新入生が撮ってくれた天の川です。きてくれたときにはもやがひどくて
申し訳なかったです…。
天の川新入生
↑撮影情報 カメラ:Canon EOS Kiss X4 レンズ:トキナー AT-X 107 DX Fisheye F値5.6
露出時間149秒 ISO1600 焦点距離10mm ガイド撮影
サドル周辺6月
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4(改造) 露出時間450(90+90+90+90)秒 
直焦点撮影 望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-800
本当はダーク処理とかしたかったのですがいまいちやり方が…ベイヤー配列って何なんですか…。
と思ってましたがDeep Sky Stackerというフリーの編集ソフトを後輩に教えてもらったので
使ってみました!
サドルダーク編集
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4(改造) 露出時間90秒×3  ISO-800
直焦点撮影 望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 Deep Sky StackerとGimpで画像編集

かわるもんですね~まだまだですが。


今回は光害が目立ちましたが天体写真に詳しい後輩の一人が光害除去フィルターなるものを貸してくれました!
今回はその威力の比較をしてみたいと思います。とりあえずつけてないやつです。
除去フィルター比較
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4(改造) 露出時間180秒 
直焦点撮影 望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-1600
続いて除去フィルターをつけたものです。
除去つき
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4(改造) 露出時間180秒 
直焦点撮影 望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-1600
…なるほど!大分変わるものです光害に対しては大きな効果を発揮しますね!ただ…今回の被写体のような
ものに対して使うと逆に周りの赤いもやもやが薄れるようですね。ですが、球状星団や散開星雲のようなものを
撮るには大きな力となるのでしょう。

次はまた、はくちょう座にあるアルビレオという二重星です。望遠鏡で見るとその星の色の違いが
よくわかるものですが…。
あるびれお
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4(改造) 露出時間250秒  直焦点撮影 
望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-1600
拡大版です。
あるびれお拡大
↑撮影情報 カメラ Canon EOS Kiss X4(改造) 露出時間250秒  直焦点撮影 
望遠鏡 FC-100 赤道儀EM-200 ISO-1600

下の二つの写真はは天体写真に詳しい後輩が撮ったものです!かなりレベルが違います!
まずはさきほど望遠鏡で撮ったサドルです!
サドル 750
↑撮影情報 CanonEOSkissF(非改造) レンズ SIGMA AF105mmF2.8MACRO→F2.8
ISO1600、180sec*7コマ GP2ガイドパックでノータッチガイド LPS-V4MFA使用
Deep Sky Stacker、CanonDPPで画像編集

やっぱし編集するのよいですね~、俺もがんばらないと!
したのは同じはくちょう座にある網状星雲です
網状星雲
↑撮影情報 CanonEOSkissF(非改造) レンズ SIGMA AF105mmF2.8MACRO→F2.8
ISO1600、180sec*8コマ GP2ガイドパックでノータッチガイド 
LPS-V4MFA使用 Deep Sky Stacker、CanonDPPで画像編集

もうなにもいえないですね素晴らしいの一言です!


撤収する時にはどんくもりでかすかに星が見える程度までくもっていました…。
tesyuu
話を聞く限り総合観望はとても成功してたようです!写研班は新入生にたいしてはあまり
写真を撮らせたりしてあげることができなくて残念でした。今後に期待です…。

スポンサーサイト
  1. 2012/06/26(火) 22:22:46|
  2. 観測
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金星太陽面通過

6月6日には金星が太陽面を通過するという今度は百年後というレアな現象がありました!
ちょっと地味ですけども…。神戸ではたまに曇ったりしましたがおおむね晴れで、
カメラが壊れるほどに日差しの強い日でした!
こちらは10時35分ごろ会長が撮ったものです。
10時35分
まずは7時23分ごろ自宅で撮った金星が通りかけの写真です。
7時23分
ちんまいですね~。この通過するという現象はとても長く通り過ぎるまで
午前七時くらいから午後の二時あたりまでかかりました。
家から部室へとたどりついた9時9分ごろだとこんなもんです。
9時9分

9時7分から33分までの26分くらいでこんな感じです。日食と比べると変化が地味ですね(笑)。
9時7分から33分合成
20分でもこれくらいしか動かないです…。
金星合成
後輩の一人が自前の望遠鏡で一部始終撮ってくれていたものがありました!
8時20分ごろのです。
9時39分
9時17分ごろです。
9時17分
10時20分ごろです。
10時20分
11時28分ごろです。
11時28分
12時32分
12時32分
13時18分ごろです。
13時18分

ほかの人の写真にも期待です!
  1. 2012/06/06(水) 22:18:20|
  2. 観測
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6/4部分月食

今日6月4日は約19時から20時くらいに最大食で三分の一ほど欠ける部分月食がありました。
ありました…ありましたが…
ずっと曇ってました!本当にずっと曇ってました!
来てくれた部員の人達には申し訳ないです…。とりあえず夜景です…。
夜景
  1. 2012/06/04(月) 23:05:02|
  2. 観測
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

tutikire

Author:tutikire
神戸大学天文研究会の写研班の
活動ブログです。よろしければ
神戸大学天文研究会HPもどうぞ。
たまには星空をながめてみませんか?
なお更新の予定はないです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
天体写真の撮り方について (4)
観測 (9)
下見 (1)
行事 (7)
五月総写 (3)
写研班でいる知識 (0)
写研班で使うものの説明 (2)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。